Preparation : 1 Day
Cooking : 20~30 mins

南インドの朝ご飯、ドーサイ。 他では「ドーサ」と呼ぶ人もいます。


材料

米 4カップ

ホワイトウラッド豆(白豆) 1カップ

塩 大さじ1

水 2カップ

ゴマ油(焼くときに必要) 適宜


一見、難しそうな作り方にみえますが、 アーディライが簡単に教えます。

下準備
米を水に7~8時間ほど浸します
ホワイト ウラッド豆を30~40分ほど水に浸します
(グラインダーを使って下準備する場合)

水を切った米をグラインダーで40~50分かけて潰します。ドロッっとなるように水を加えます。

米のザラザラ感がなくなったら、豆と塩を入れ更に20~30分回します。
(ミキサーを使って下準備する場合)

水を切った米をミキサーに入れ、7~8分回します。ペースト状になったら別の容器に移します。

ホワイトウラッド豆をミキサーに入れて、少しずつ数回にわけて水を入れながら、4~5分回します。

豆が潰れて、ザラザラ感がなくなったら、別容器に移した米を塩お入れ、更に回します。(2~3分)

よく混ざったら大きめの容器に移し、1日寝かせます。出来るだけ暖かい場所で寝かせると良いです。

ドーサは発酵させる食べ物なので、下準備したものを発酵させないで冷たい場所に置かないで下さい。

発酵されると少し膨らみますので、少し大きめの容器に移して下さい。

作り方(1日後)

発酵した素をお玉1杯ほど別の容器に取り出し、水を少し加え混ぜます。目安は、クレープの生地と同じくらい。キッチンペーパーに少量の油を染み込ませ、フライパンに油を引きます。塗りすぎないように注意して下さい。フライパンから煙が出るくらい、よく熱して下さい。
←←こんな感じで フライパンでクレープのように薄く伸ばします。
フライパンがよく熱してあるので、素早く薄く伸ばさないと、硬くなる分厚いドーサになってしまうので注意して下さい。
淵にゴマ油を掛けまわし、うっすらと焼き目がつくまで待ちます。焼き目がついてきたら、裏返します。
裏返すと、こんな感じです。裏返してから、30秒~1分くらい焼いたら出来上がりです。(生地が分厚くなってしまったら、中弱火でゆっくり焼いて下さい)2~3枚くらい焼いたら汚れを取り、キッチンペーパーに油を染み込ませ、再度フライパンに塗って下さい。
これは「卵ドーサ」です。作り方は、裏返す前に卵をドーサの生地の真ん中に割ります。ヘラなどで卵をのばします。弱~中弱火にして卵が固まってきたら、裏返し30秒くらい焼いたら出来上がりです。
南インドの人は普段、ポテトカレーや、チャットニー、サンバル、コロンブ、ポディなどと言った種類の食べ物を一緒に食べます。甘いジャムで食べても美味しいです。

One Response to “ドーサイ / ドーサ(米クレープ)”

Trackbacks/Pingbacks

  1. harvey

Leave a Reply